フレッシュフルーツ青汁の飲むタイミングは?

 

フレッシュフルーツ青汁を飲むだけで、ぽっこりお腹の解消や、減量に成功したという声が多数上がっていますね!

 

モデルや芸能人もハマっているダイエット方法としてフレッシュフルーツ青汁は大人気です!

 

フレッシュフルーツ青汁は、ダイエット効果だけでなく、豊富な栄養素も含まれている亊で健康の為に飲んでいる方も多くいます。

 

そんなフレッシュフルーツ青汁を飲むのであれば、効果が出やすいタイミングで飲み方でしっかりとダイエットに成功したいですよね!

 

今回は、フレッシュフルーツ青汁の飲むタイミングや効果的な飲み方について検証してみました!

 

 

フレッシュフルーツ青汁を効果的に飲むには?

 

フレッシュフルーツ青汁は、薬ではなく健康補助食品なので基本的、飲むタイミングは食前・・食後などいつ飲んでもOKです。

 

効果に個人差はありますが、1日飲んだだけではあまり効果を実感出来ないでしょう。

 

ダイエットを成功させたい!と考えているのであれば、継続して飲む亊がとても大切です!

 

フレッシュフルーツ青汁でダイエットを成功させた方の多くが2ヶ月〜3ヶ月頃に変化を感じている方が多いようです。

 

 

忙しい朝に手軽に栄養補給

 

寝起きの身体というのは水分や栄養素の吸収が最も盛んな時間帯です。

 

朝はデトックスに最適と言われていて、脳の働きもクリアになっています。

 

飲むタイミングとして朝にフレッシュフルーツ青汁を飲む亊で体に必要な栄養素と酵素を補給する亊でデトックス効果が高くなりダイエットしやすい体質へと改善されます。

 

 

運動前後に飲む

 

フレッシュフルーツ青汁には80種類の酵素が含まれています。酵素は運動のサポートをしてくれます。

 

さらに、アミノ酸が豊富に含まれているクマサザやプラセンタが運動の前後に飲む亊で代謝が良い体作りをサポートしてくれます。

 

飲むタイミングとしては、運動前でも良いですし、運動後の喉が乾いているタイミングでフレッシュフルーツ青汁を飲むとより効果が高まります。

 

 

夜に飲む

 

夕食はどうしても高カロリーになりがちです。思い切って夕食の変わりにフレッシュフルーツ青汁を飲む亊で大幅なカロリーカットにつながります。

 

例えば、夕食がオムライスだったとします。オムライスのカロリーは843キロカロリー!

 

これをフレッシュフルーツに置き換えれば11.7キロカロリーで済んでしまいます。

 

カロリーを減らせばその分、溜まっている脂肪を燃焼してくれます。

 

でも、夕食を抜くのはちょっと・・・。という方は、夕食を食べる前のタイミングで飲みましょう。

 

炭水化物を先に摂取すると、血糖値が急激に上がるとインスリンが過剰に分泌されて、太りやすくなります。

 

フレッシュフルーツ青汁を先に飲めば、血糖値の上昇を抑える亊が出来るので痩せやすい体質作りにつながります。

 

また、食前前のタイミングでフレッシュフルーツ青汁を飲む亊で、空腹感が減り食べる量も自然と減っていきます。